施工性抜群!一液形塗料

一液形塗料0717

現在外壁塗装では一液形塗料が主流となっています。塗料には一液タイプと二液タイプがありますが、その構造は全く異なります。施工でいうと一液形はそのまま直で塗装を行う事ができますが、二液形は二つの塗料を混ぜて使用する必要があります。最近では塗装をすると臭いがする事からシンナー系の溶剤タイプの塗料は敬遠され、非常に臭いが抑えられている水性タイプの塗料がよく使用されます。水性塗料はその多くが一液形タイプとなっています。

 

1. 一液形塗料の特徴塗装

一液形塗料は二液形と違い、そのまま塗装が行えるので非常に施工性が良いです。二液形は例えばA塗料16kgとB塗料4kgという2つがあり、それぞれを4:1の割合で混合して使用するというようなものです。ただ混ぜ合わせるだけであればそこまで不都合ではないのですが、気を付けなければいけないのは二液形塗料の場合それぞれの塗料を混ぜ合わせた瞬間から塗料の硬化が始まるためすぐに塗りきらなければなりません。

少し持ち場を離れて帰ってきて再度塗装をしようとすると既に固まって塗装ができないというようなケースも多々あります。特に夏場などはさらにその硬化が早まりますので休む間もなく塗り続ける必要があります。そうなると、一気に全ての塗料を混ぜ合わせるのではなく、少しずつ小分けにして混合して塗って、混合して塗ってという作業が必要となる為、一液形塗料と比べると面倒です。実際、夏場に二液形塗料をスプレーなど機械で塗装をすると、少しでも放置していると機械内で塗料が固まってしまい機械が使えなくなるというようなケースも起きます。

一方で一液形塗料については水性塗料であれば水が蒸発、溶剤塗料であればシンナーが気化する事で徐々に塗膜が固まっていきますので、焦って塗る必要もありませんのでじっくりしっかりと塗装ができるというのが特徴です。

 

2. 二液形塗料のメリット

一見すると全てにおいて一液形塗料の方がメリットが大きいように思えますが、勿論二液形塗料にもメリットがあります。確かに塗装の施工については面倒なのですが、この二液を混合して使用する硬化反応型塗料というのは一液形塗料と比べると塗膜が非常に強靭になります。ですので特に住宅塗装において傷みやすい箇所である屋根塗装には二液形塗料を使用し、軒などに守られ雨・紫外線が屋根ほどには当たらず又窓なども多いので臭いがあまりしない一液形水性塗料を外壁塗装には使用するケースが多いです。

 

3. まとめ

水性一液形塗料の性能は以前と比べると格段に良く成りましたが、光沢や防汚性についてはまだ二液形塗料と比べると低いと言わざるを得ません。それを考えるとやはり多くの塗装店は屋根には信頼の高い溶剤系の二液タイプを今でも使われるケースが多いです。二液形塗料は混合比率を誤ると塗料の性能が著しく落ちますし、施工もある程度の速さが必要である事から職人の腕に大きく左右される塗料と言えます。一液形塗料はDIYでも安心して使用できる万能型塗料という言い方ができるでしょう。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめています。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る