住宅塗装ではNO!スプレーの塗装はデメリットが一杯

スプレー塗装0717

塗装を行う時のイメージとしてはローラーでの塗装が思い浮かぶかと思いますがスプレーの機械で塗装する場合もあります。ただ、スプレーを使う場合は注意が必要で、特に住宅塗装においてはクレームになる可能性がドーンと高まりますのでやめた方が賢明です。

 

1. スプレーで塗装するメリット・デメリット

≪メリット≫

スプレーで塗装する場合は塗料缶にホースをつないで先っぽのガンから塗料を吸い上げてキンチョールなどと同じ様に霧状にしてスプレーで塗装をするというやり方です。このやり方の最大のメリットは何と言っても早いという事です。ですので工場などで数千~数万㎡ある場合などにはほぼ間違いなくスプレーで塗装をします。また、均一に機械で塗料を吹き出すわけですので非常に仕上がりが滑らかで表面がツルツルで綺麗に仕上がります。

≪デメリット≫

一方でスプレーでの塗装のデメリットは何と言っても他人に迷惑をかける可能性が格段に高まるという事です。キンチョールなどは色がついておらず周りに飛び散っても目には見えませんが塗料には色が付いていますので隣りの外壁や車についてしまうとスグにわかります。そうならないようにしっかりと養生といって塗料の飛びちりなどを抑える事はするのですが、風が吹こうものならドンドン塗料は飛び散っていきます。

また、当然ながら飛び散った塗料は外壁に付着していませんので外壁に付着すべき塗料が少なくなっていますので耐久性が少なからず落ちてしまいます。それを考慮して事前に飛び散り分も塗料を多く準備していれば良いのですが、これはつまり塗料代が多くかかるという事にもなります。

 

2. まとめ

メリットにある施工の速さと仕上がりの綺麗さについては一見良さそうに思うのですが、施主さん側からするとそのメリットは殆どありません。というのも施工が早く仕上がったからと言ってもその分施工代が安くなるという事はありません。というのも工場の様に広い面積であればかなりの面積を一人で塗れれば人件費を抑える事で施工金額も抑える事が可能ですが、家の場合ですとローラーで塗ろうがスプレーで塗装しようが大きな差は生じません。また、施工の仕上がりについても工場の金属やスレートの屋根であれば非常に表面がフラットなので仕上がりが平滑であるとその綺麗さも際立ちますが、家の屋根や外壁には基本的に凹凸がありますのでそれほどローラーとスプレーの塗装での違いというのは分かりません(職人でも近くでしっかりと見ないと分からないレベルです)。

よって住宅塗装においてはスプレーでの塗装はデメリットが大きい為、もし万一その様な業者があった場合はローラーでの希望を伝える事をお勧めします。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめていますのでご参考下さい。きっと少しは役に立つ・・・はず。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る