大阪での屋根塗装で他県と圧倒的に違う事

屋根塗装0717

大阪で屋根塗装を行うと他府県と比べると結構あからさまに違う事があります。何かわかりますでしょうか?それは屋根の大きさがとても小さい事です。この理由はやはり近隣の他県と比べて一重に土地が狭いからだと考えられます。特に大阪市内などで住宅密集地を見ると隣りの家の外壁に窓からタッチ出来るくらいの距離にある場合も少なくなりません。

 

1. 一般的な屋根塗装の面積

奈良とか京都とか大阪以外で屋根塗装を行う場合は建坪の面積(1階部分の建物面積)x1.4倍~1.5倍位あるのですが(勿論屋根の勾配にもよります。屋根が急であれば屋根の面積は更に大きくなります)、大阪で屋根塗装を行う場合は1.1~1.2倍程度しかない場合も多々あります。

『屋根が小さくて塗装費用が抑えられてラッキー』という見方ができないわけではありませんが実は問題もあります。

先ほど言った通り、大阪は土地が小さいので土地目いっぱいにお家を建てているケースが多いです(特に大阪市内)。そこまでは良いのですが土地目いっぱいに家を建てるとどうしても屋根のツバである『軒』が短くなります。これにが大阪の屋根塗装の面積が他県と比べて極端に小さくなっている原因なのです。

 

2. 屋根の面積が小さい事での問題点

普通は軒の長さはは外壁から50cmとか70cmとかありますが、大阪の場合は見てみると10cmとかいう場合もかなり多く見受けられます。軒が小さい(もしくは殆どない)という事は紫外線や雨水の影響を外壁がもろに受けてしまうのです。

塗装の劣化というのは殆どが紫外線や雨水の影響であるのは言うまでもありません。それから外壁を守っているのが軒なわけです。その軒が殆どなく外壁もほぼ野ざらし状態になっているという事はその分劣化が早くなるのは致し方がないです。

実際、多くの軒が長い家を見てきましたがそういった家は10年位では殆ど外壁も痛みが見られません。雨・紫外線が殆ど当らないので当然というべきかもしれません。

 

3. まとめ

屋根や外壁の塗装を考える時には何の塗料を塗ったかも耐久性には当然影響をしますが、軒の長さもとても大きく塗装の耐久性に影響します。塗装の塗り替え時期はよく10年と言われますが、あくまでこれは塗料の耐久性を塗料メーカーが測定したもののみを参考に出しているにすぎませんので、あくまで目でみて確認して頂く必要があります。

折角の大切なお家ですから年に一度で良いので外壁を触ってみて劣化状況を見てみて下さい。特に大阪の軒の短いお家の場合は少し注意をしてみてみる事をお勧めします。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめていますのでご参照ください。

 

◆八尾市・羽曳野市・松原市・東大阪市・藤井寺市・柏原市・堺市・大阪市・和泉市・高石市・大阪狭山市・泉大津市・四条畷市・守口市・寝屋川市・交野市・摂津市・門真市・河内長野市・大東市、他大阪府内での外壁塗装ならすずらんペイントでもお比べください。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る