永年持つか半年で剥がれるか!塗装は下地処理が命

外壁塗装の下地処理0717

塗装で大切なのは塗料を塗る腕と思われがちですが実は全然そうではありません。ハッキリ言ってただ下塗りや上塗りを塗るという事であれば塗装の職人になって数か月でも全く問題なくできます。塗装において塗る事よりも大切で且つ難しいのは実は下地処理なのです。ここが疎かになっているといくら表面上綺麗に見せかけても土台がしっかりしていないと長く持つことはありません。塗装では下地処理こそが最も大切な工程で且つ施工業者により差がでやすい部分です。塗装の後にその美観をどれだけ長く異常なく保持できるかどうかはどれだけ塗装をやる前に下地処理を入念に行ったかに比例するといっても過言ではありません。

 

1. 下地処理ってどんな事をするの?

塗装というとペンキをお家の屋根とか外壁に塗ったらおしまい。と思われがちですが実は塗装の前の下地処理にかける時間というのは一般的に塗る事にかける時間よりも長くなります。ハッキリ言って下地処理は面倒です。そしてこんな事をいうのも何なのですが塗りはどちらかというと楽な作業なのです。しかも塗装がその後長く持つかどうかというのを決めるのは塗料の性能もありますが、その前提として下地がしっかりとしている状態というのが必要ですので下地処理というのは最も大切な作業となります。下地処理は以下のような事をやっていきます。

 

1-1. ひび割れの処理

モルタルの外壁などであれば恐らく多数のひびが入っているかもしれませんがハッキリ言ってひび割れの幅が1mm以下であれば水などが入る事もありませんので大きな問題にはなりませんので、基本的には下塗りに厚みのある微弾性フィラーなどで綺麗に処理が行えます。訪販などが小さなひびを見つけてワーワー言ったら無視して大丈夫です。

ただ、1mmを超す比較的大きなものがあった場合はそのまま塗装をしてしまうとひび割れの上から塗った塗装にひびが入ったり割れたりする可能性が出てきますのでひび割れにコーキングを埋めます。この際、面倒くさがりの業者は単純にひびの表面にコーキングを塗ったり、ひびに擦り込んだりしますが全然間違いです。これでは長く持ちません。大きなひび割れの対処法としては1mm程度のひびを一旦1cm程度にまで機械などを使ってカットして広げ、そこにコーキングを打ち込みます(詳しくは『これが正しい塗装工程と作業内容』にてコーキングの打ちこみ方法を画像を使って説明しております)。このままだと外壁にコーキングがある状態でものすごく不格好ですので周りの外壁との違和感をなくす為にコーキング上をモルタルなどで周辺と同じように調和して完成となります。

 

1-2. コーキングの打ち替えや増し打ち

コーキングは塗装よりも耐候性が弱いものが多い為、塗装の塗り替え時には既にかなり劣化が激しい場合が多いです。その為、多くの場合は塗装の前に下地処理として古いコーキングを全て撤去して打ち替える必要がありますが、撤去作業には時間とコストがかかる為に打ち増しと言って古いコーキングの上から新しいコーキングを打ち足す方法を取られるケースもあります。勿論、コーキングの損傷が少ない場合はこれでも可能なのですが、本当は打ち替え(撤去して全て新しくする事)が必要なのに見積もり金額を安く見せる為と面倒な為に打ち替えで処理してしまう業者もいます。

 

1-3. 高圧水洗浄

高圧水洗浄も塗装の前の大切な下地処理の一つです。屋根や外壁に堆積しているゴミや汚れ及び既存の塗膜をしっかりと洗い流す必要があります。これが中途半端だと下地と塗装の間にゴミがたまった状態になりますので密着強度が損なわれ剥離しやすくなります。また、高圧水洗浄後にはしっかりと水分を蒸発させる時間を取るという事も大切です。気温の高い時期であれば午前中に水洗浄をして午後から塗り始めるという事も可能ですが気温が20℃を下回るような場合はリスクがあります。というのも外壁内部に高圧水洗浄で入り込んだ水分が残ったままで塗装を始めると湿気の逃げ道を塞ぐことになり、内部でカビが発生したり湿気の膨張により塗膜が膨れてしまう可能性も高まります。

 

2. まとめ

以上が塗装の際の下地処理ですが、この他にも外壁に浮きが見られる場合は一度浮き部分を撤去してモルタルなどで補修しなおしたり、サイディングの反りがある場合はビスで処理したり張り替える必要があります。これら全ての下地処理をしっかりと行う事で塗装がしっかりと行え、且つ長く住宅を保護できる基礎となります。わかると思いますがこれらの下地処理は塗装をしてしまうとやったのかやっていないのかが全くわかりません。仮にひび割れの処理をしっかりとしていなければ新しくした塗装が早々に割れてしまう事もあります。そこでそんな事に巻き込まれないようにする為にも、施工後の数年はしっかりと施工保証をしてくれる保証書を出してくれる業者を選ぶべきです。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめていますのでご参照ください。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る