厚膜塗装って何?

厚膜塗装0826

塗装には厚膜塗装と薄膜塗装があり、一般的によく使用される塗装の事を薄膜(標準)塗装、これに対してクラックの処理なや柄つけ、防水機能が高い塗料などに標準よりも塗膜の厚みがあるものを厚膜塗装と言います。

 

1. 厚膜塗装のメリット

厚膜塗装は標準タイプより5~10倍の塗膜の厚みがある為、塗膜に亀裂が入り難かったり既存の外壁塗装などのヒビなどを隠せる働きがあります。とはいっても塗料の膜というのは元々それほど大きいものでは無く、一般的な塗料の厚みは数十ミクロン(100ミクロン=0.1ミリ)であり厚膜塗装で数百ミクロンとなっています。

厚みが5~10倍という事は単純に塗料を標準的な塗装よりも多く使用するという事ですので当然ながら塗膜の強度も上がります。特にひび割れなどが起きて漏水につながると補修工事が大変なビルやマンションなどの外壁塗装工事においては厚膜塗装が好まれる傾向があります。また、戸建てにおいてもモルタル外壁などは同じくヒビが入り易い事から防水機能を高める為に厚膜塗装をされる場合もあります。

 

2. 塗装方法

厚膜塗装の塗装の仕方については標準塗装と大きな違いはなく、標準塗装と同じく下塗り→上塗り2回という工程の場合もありますし、中塗りに別塗料を使用し1~2回追加した上で、下塗り→中塗り2回→上塗り2回という合計5工程となる場合もあります。

ただ、単純に一般的な薄膜系の塗料を5回塗ったら厚膜塗装になるかというとそうではありません。塗料は製品ごとに粘度が違い屋根の塗料と外壁の塗料では外壁塗料の方が粘度が高くなっています。これは外壁は垂直に塗る為に粘度が低いとドンドン塗料が垂れていってしまう為です。同じように厚膜系の塗料は薄膜系塗料よりも厚みをつける必要がありますので粘度が更に高くなっています。この為、工程としては同じ場合もありますが粘度が高いためローラーが転がり難く塗り難いのが特徴です。

 

3. まとめ

厚膜塗装の欠点は当然ながら塗料を多く使用しますので薄膜塗料と比べて塗料代は高くつきます。但し、塗料の費用というのは塗装工事全体に占める割りたいとしては2割~3割程度と比較的小さなものとなりますので、塗料には良いものを使われた方が結果としては建てものは長く保護する事ができます。また、厚膜塗装はモルタル外壁には有効ですがサイディングボードには不向きなものもあります。この理由はサイディングの内面の構造に起因します(内部に湿気が溜まり易い構造のものが多い)。ここについてはよく現場をチェックする方に聞いてみましょう。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る