黒い外壁

黒い外壁

黒い外壁というのも最近ではしばしば見かけます。シックでかっこいいというのもありますが、本音の本音で言えばあまりおススメしません。勿論家というのは住む方が第一に色も含めてくつろげるというのが大切ですので、黒がどうしても好きだ!という事であれば良いと思いますが幾つか懸念があるという事だけご参考下さい。

 

1. 周りと調和しづらい

黒い外壁に限ったことではありませんが、一般的に外壁の色はクリーム系が多いです。住宅が密集した団地にあって黒色が1軒ポツンとあると『目立って個性的で良い!』という考えもある反面、『浮いている』というのも否めません。特に同じ造りの住宅が何十軒とある団地街であれば街並みの調和をくずすイメージもあります。

 

2. メンテナンス期間が短くなる

これは現実的な話になりますが、黒い外壁の場合は一般的なクリーム系の外壁と比べると色褪せが早くなる傾向にあります。そもそも塗装が劣化する主な原因は紫外線の照射によって塗装膜に含まれている顔料が破壊され分離することによります。黒や黄色など原色系の塗料には一般的にクリーム系よりも多くの有機顔料が含まれている為、劣化する速度も増します。塗料は劣化すると白ボケしますので、黒い外壁が白くなると目立ちやすいのでメンテナンスも早めに必要となります。一方で、クリーム系は劣化しても白ボケがさほど目立たないという事もあり多少の劣化状況であれば猶予が見込まれます。

また、先述したとおり黒い外壁はやはり他の色の外壁と比べて目立つという事もあり、これはイコール注目されるという事になりますので必然的に他人の目が集まり易くなります。結果としてちょっとした劣化でも目立ってしまいます。

 

3. 夏は暑くなる可能性がある

100%とは言えませんが、やはり一般的な常識として黒は白よりも熱を吸収しやすいので外壁表面が熱くなります。最近のお家にはしっかりと断熱材が外壁と室内の間に施工されていますので、多少外壁が熱くなろうとも室内まで温度が上昇するということはありませんが、白色と黒色の塗装面は夏場であれば表面温度が20℃程度変わる場合もありますので家の構造によっては多少なりとも影響が出てくる可能性はあります。

また、室内に影響がなくても小さいお子さんがいるお家などであれば子供が触って低温やけどする可能性も考えられるので、遮熱塗料や断熱塗料と言って、黒い塗料で施工をしても熱を反射や放射する事で外壁表面が熱くなりにくい塗料を利用する事も考えられます。

 

4. まとめ

好きな色を否定する事はありませんし自分の好みの色を選んで頂きたいと思うのですが、やはりしっかりとデメリットの部分も知って頂いた上で施工をして頂きたいと思います。以前、実際に新築で黒の外壁で施工をされた方が夏が思ったよりも暑いという事で、まだ施工後半年くらいにも関わらず白系で塗装をして欲しいという依頼があった事があります。一度塗ると10年程度はその色と付き合う必要がありますので慎重にお考えいただく事をお勧めします。

 

 

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る