室内への熱侵入50%以上!ガラスに塗装して室内の暑さを防ぐ

ガラスに塗れる塗料0717

最近ではガラスに塗装ができる塗料やフィルムが出てきています。屋根や外壁用の遮熱塗料という夏場に太陽光の熱を反射させて室内への熱の侵入を低下させるというものは以前からありましたが、実際室内への熱の侵入で最も大きなものは窓からの侵入が大きいです。外壁や屋根からも勿論ありますが、基本的に屋根裏外壁裏には断熱材が処理されておりますので、仮に熱が浸入してきても直で室内に届く事はありません。一方で窓に関しては勿論断熱材などありませんので直接室内に熱をこもらせます。夏場に窓の傍にいると皮膚が痛いくらいです。これを防ぐのがガラスに塗装ができる遮熱塗料やフィルムです。

 

1. ガラスに塗装/フィルム

室内に侵入する熱の50%以上が窓からと言われておりますのでいかに窓からの熱の侵入を遮る事が室内の温度低減につながるかわかるかと思います。そこで最近ではガラスに塗装するものとフィルムタイプのものがありますがそれぞれメリットデメリットご紹介します。

 

1-1. ガラスに塗装する塗料とフィルムの比較

①単価

価格についてはガラスに塗装するタイプもフィルムタイプも非常に値幅が大きいのですが、一般的にフィルムの方が高いです。ガラス塗装タイプで8000円/㎡程度、ガラスフィルムタイプですと13000円/㎡程度が相場になります。

 

②美観性

綺麗に仕上げられるのはフィルムタイプと言えます。ただ、施工が難しくフィルムとガラスの間に空気が入ったり専用の機械が必要な場合もありますのでDIYでは難しいです。一方で、ガラスに塗装するタイプは施工は比較的簡単なものもあり、DIYで行えるものもあります。但し、どうしても施工をしてから乾くまでの時間がありますので、その間に空中の埃などが塗装面に付着します。少し離れてみれば問題ないですが30cmとか近くから見ると埃がついているのがわかります。

 

③耐久性

長持ち度でいうとガラスに塗装するタイプの方が高いと言えます。ガラスフィルムタイプは10年程、塗装タイプは15年程の耐久性があるものが多いです(が、まだ新しい商品なので実際はもう少し検証が必要かもしれません)。また、網入りガラスなどに施工をした場合はどちらのタイプでも割れてしまう恐れが高いです。

 

④効果

実際の温度を低減させる効果はどちらに優劣もないかと思います(タイプというより商品ごとでのピンキリはありますが)。実際ガラスに塗装やフィルムを施工をした後のガラスそばで太陽熱を浴びても明らかに暑さは低減しています。また、熱を遮る効果と共に熱を室内にこもらせる断熱の効果もあるタイプがあります。

冬場は室内が温かくなり、室外が寒い為熱が冷たいガラス窓から逃げようとしますが、これらを施工しておくと熱をガラスに蓄熱する事である程度ガラスが温かくなります。これによりガラスに結露が付く事もなく、外部への熱逃げも低減できるという仕組みです。

 

2. まとめ

最近では大手ファミリーチェーンなどでもガラスに遮熱塗装を導入されているケースも多いです。個人的にはフィルムよりも塗装タイプの方がよく見ます(塗装タイプはガラスをよく見ると若干湾曲していますのでスグわかります)。体感もしやすく効果があるのはスグわかります。但し、室内全体の温度をどれくらい下げられるのかははっきりと申し上げる事は難しいかと思います(枚数などにもよりますので)。あくまで窓の傍が居間で夏場の暑さをなんとかしたい等であれば非常に効果的だと言えます。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめていますのでご参照ください。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る