雨水にも溶けない?水性塗料とはどんなもの?

水性塗料とは0717

塗料には水性塗料と溶剤(油性)塗料があります。以前は溶剤がよく利用されておりましたが最近の戸建て塗装に関していうと殆どが水性塗料にとって代わっています。この一番の理由は環境があげられますが水性塗料とは他にどのような特性があるのでしょうか?

 

1. 安全性

水性塗料とは樹脂と水が乳化した状態で、これをエマルションと言う為エマルション塗料とも呼ばれます。油性塗料と違い稀釈剤が水となっているため、基本的に臭いが少なく住宅街でも安心して使用ができます。塗料は水性も油性も、溶剤(水orシンナー等)・樹脂・顔料・添加剤で構成されていますが、水性の溶剤は水、油性の溶剤はシンナー等となります。特に以前は油性塗料については稀釈剤に人体に悪影響を及ぼすと言われるトルエンやキシレンといった非常に強い溶剤を使用しており、作業員のみならず近隣にもその危険性が及ぶことから徐々に水性系へと変わっていきました。因みに塗料は溶剤が揮発後に樹脂が残り塗膜を形成します。一旦溶剤が抜けた塗料は水を弾き、溶ける事はありません。

 

2. 作業性

水性塗料は環境面においては非常に優れた塗料といえますが、やはりデメリットもあります。その最大のデメリットは作業性と言えます。油性塗料はシンナー稀釈となりますので揮発が早く乾きも早いです。つまり塗ってすぐに乾き塗膜が形成されるので作業性が良いです。特にそれが顕著に表れるのが冬場の施工です。冬場は気温が低い為、特に水性塗料は造膜に時間がかかり、よくあるケースが昼の2時頃に塗装をしたら中々乾かずに日が暮れてしまい、半乾きの状態だったのでそのまま夜露があたり塗料が全て流されてしまったというケースです。

 

3. 耐久性

耐久性において油性塗料と水性塗料とは大きな差がありましたが、ここ10年で大きな進歩を遂げました。シリコンで十分10年もつ塗料もでてきましたし塗料の価格も非常に安価になりました。油性と比べると同レベルの塗料で0.8掛け程度になっています。

 

4. まとめ

工場などで多い金属性の下地などには油性塗料が適していますが屋根を抑えている板金部分を除き殆ど金属のない戸建てに対しては価格面や安全性などトータルで考えると水性塗料が適していると言えます。あとは、実際に塗膜を形成する樹脂の違いで屋根・外壁に塗る塗料を決めていきますが現在では一般的にシリコン樹脂塗料が使用される事が多くなっています(詳しくは⇒外壁塗装で塗る塗料とはどんなものがあるの?)のでお家を塗る時にはシリコンの水性塗料で比較をすると最も一般的なので価格が比較検討しやすいと言えます。この他にも、外壁塗装をする前の知っておくべき塗料や塗装についてを色々まとめていますのでご参照ください。

 

◆八尾市・羽曳野市・松原市・東大阪市・藤井寺市・柏原市・堺市・大阪市・和泉市・高石市・大阪狭山市・泉大津市・四条畷市・守口市・寝屋川市・交野市・摂津市・門真市・河内長野市・大東市、他大阪府内での外壁塗装ならすずらんペイントでもお比べください。

FavoriteLoadingHPをお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ご質問・お問合せ(9時~19時)

☎ 0120-914-887

会社概要

会社名:すずらんペイント
住所:大阪府松原市三宅中4-20
電話:0120-914-887
事業内容:大阪府内、戸建・工場等塗装工事全般

代表:白政 淳一

白政

■本社

すずらんペイント事務所

■所在地

大阪府松原市三宅中4-20

バナー

 

大阪の施工対応エリア

【主な外壁塗装施工対応エリア】

【大阪府下】

松原市・藤井寺市・羽曳野市・堺市・富田林市・八尾市・東大阪市・柏原市・大阪狭山市・和泉市・岸和田市・高石市・河内長野市・太子町・河南町・千早赤阪村・門真市・守口市・四条畷市・大東市・枚方市・吹田市・豊中市・交野市・寝屋川市・泉大津市・摂津市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市

【大阪市】

平野区・住吉区・東住吉区・阿倍野区・生野区・住之江区・天王寺区

その他大阪府下

※その他のエリアもお気軽にお伺いください。

Subscribe with livedoor Reader

ページ上部へ戻る